Amazon SES 制限緩和(サンドボックス外への移動)

作業

WordPress からメール送信するために、Amazon Simple Email Service を使用しています。ウェブサーバーに Lightsail (+ Route53) を使用しており、AWS で完結させるため選択しました。

設定はこちらのサイトを参考にさせていただきました。手順通りで、メール設定が完了しました。ありがとうございます。Amazon Lightsail + WordPress環境からAmazon SES経由でメールを送信する

残された問題は、メール送信先の制限です。このままだと、メール送信先が creativival@gmail.com のみになっています。例えば、お問い合わせがあった時に、お問い合わせをした方に「確認メール」を返信することができませんでした。まだ Snadbox 環境にあるため、AWS コンソールから本番(Production)環境へ移動を申請する必要があります。早速やってみましょう。

Amazon SES サンドボックス外への移動

AWS SES(Simple Email Service)のコンソールに接続
[Email Sending (E メール送信)]、[Sending Statistics (送信ステータス)] の順に選択します。
[Edit your account (アカウントの編集)]ボタンをクリックする。
うーむ。Description の書き方がよくわからないです。こんな感じで申請してみました。

メーリングリストをどのように構築または取得しますか?
WordPress のユーザー登録メール 、パスワード変更メールに使用する。お問い合わせ(Contact Form 7)に対して、確認メールを送信する。

バウンスや苦情はどのように処理しますか?
サイトを一時閉鎖して、苦情対応後に再開する。

受取人はお客様からの E メールの受信をどのようにオプトアウトできますか?
配信停止の依頼があれば対応する。

このリクエストで指定した送信レートまたは送信クォータは、どのように選択しましたか?
上記の使用目的により、メール送信頻度は少ないと考えられる。

さて、申請は通るでしょうか? 結果は後日報告します。

(追記)Production 移動の申請、認可されました!

AWS より上記のメールが届き、Production への移動の申請は認可されました。申請から約24時間後のことでした。これで 送信先の制限が緩和され、任意のメールアドレスに返信メールを送ることができます。プラグイン「WP mail SMTP」の警告マークも消えました。以上でメールの設定は完了しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました